不妊症・不育症・二人目不妊・男性不妊専門 名古屋市千種区ぐんじ鍼灸治療院

名古屋不妊鍼灸専門

ぐんじ鍼灸治療院

名古屋市千種区覚王山通8-31-1 滝ビル3階
地下鉄東山線 池下駅徒歩2分 

営業時間
平 日:10:00~21:00
土日祝:10:00~18:00
休業日
不定休

ご予約・お問い合わせはこちらへ

0120-300-551

生理でわかるあなたの体質

毎月の生理は、女性の体質を見極める重要なポイントとなります。生理前後の体調や、生理周期、生理日数、経血の色などの違いが、体質を知る手掛かりとなるのです。また、周期や日にちが増えたり減ったりという変化も、体質の変化と捉えて重要視されます。

生理の時の体調や経血、生理周期で体質がわかる

体質の分け方には色々な考え方がありますが、ここでは6つのタイプを紹介します。ただ同じ人でも、複数のタイプを合わせを持つことも多く、特に多くの日本人女性は、「気虚」をベースに他のタイプをあわせもつ場合が多いようです。

お血タイプ・生理前におなかがぽっこり

「血」の巡りが悪い状態です。疲労や冷え、ストレスなどで全身の血の巡りが滞った状態が「お血」。血巡りが悪いことで、生理痛や経血のかたまりがみられたり、頭痛、肩こり、シミなどの症状も出てきます。「気虚」「気滞」「血虚」タイプの状態が進んだ場合も、「お血」につながります。

気滞タイプ・生理前にイライラ

「気」が滞っている状態です。体内のエネルギーである「気」のめぐりが滞った状態。心と体を健康に保つ「気」が滞ることで、イライラやむくみなどにつながります。とくに、生理前の1週間に不調が集中します。「気滞」が続くと「お血」や「熱邪」にもつながります。

血虚タイプ・生理後だるい

「血」が足りない状態です。「気」とともに全身をめぐって全身に栄養やうるおいをもたらす「血」が不足した状態です。だるさや疲れ、めまい立ちくらみなどを感じやすくなります。血色が悪く、肌がくすんだり、肌や髪の毛が乾燥気味になります。また、落ち込みや物忘れなど精神症状の原因にもなります。

気虚タイプ・生理中疲れて眠い

「気」が足りない状態です。体内のエネルギーである「気」が不足した状態。元気、気力の源であり、体の各器官の働きを正常に保つ、体温を調整するなどの働きを正常に保つ、体温を調整するなどの働きを持つ「気」の不足により、パワーがダウンして、だるい、疲れやすいなどの症状がみられます。「血虚」をあわせもつ場合も多くあります。

寒邪タイプ・寒がりで生理前に冷える

体が冷えている状態です。体にとって不必要で、悪影響を及ぼす「邪」といい、そのなかでも冷えが入り込んだものを「寒邪」といいます。冷えて血流が悪くなることで、「お血」や「気虚」をあわせもつ場合があります。寒さに弱く夏の冷房も苦手です。冷えが痛みを招くことで生理痛もきつくなります。

熱邪タイプ・暑がりで生理前に肌が荒れる

余分な熱が溜まっている状態です。体にとって不必要な熱がこもった状態ですが「熱邪」です。余分な熱がこもっていることで、暑がりで顔が赤くなりやすく、ニキビや吹き出物が出やすいといった特徴があります。他のタイプと比べて生理痛は軽く、生活面での症状は少ないです。

お問合せはこちら

ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

よくあるご質問
  • どのくらい通えばよいですか?
  • 費用はいくらかかりますか?
  • どのような施術が受けられますか?
  • 鍼は痛いですか?
  • 施術時間は何分ぐらいですか?

上記のようなご質問をはじめ、体調に関するご質問にもお答えします。お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

0120-300-551

受付時間:平日10:00~21:00 土日祝10:00~18:00

当院での施術をご検討されている方へ

体外受精、人工授精、顕微授精などクリニックに通っているものの、なかなか妊娠にいたらない方、基礎体温が不安定な方、冷え症や肩こり、頭痛、生理不順、むくみなど体質改善を図りたい方、男性不妊などでお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

ご予約・お問合せはこちら

お電話でのご予約・お問合せは

0120-300-551

メールでのご予約・お問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス

0120-300-551
住所

〒464-0841 名古屋市千種区覚王山通8-31-1滝ビル3階

地下鉄東山線 池下駅2番出口 徒歩2分

営業時間

平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~18:00

休業日

不定休